自分が喜ぶサプリ選びを!適切な知識で妊活に必要な栄養をプラスしよう♪・健康食品アナリスト小浦ゆきえさん

小浦ゆきえさん健康食品アナリスト小浦ゆきえさん
「妊娠したいけどどんなサプリがいいのか分からない…」というお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか? 今回は『男と女の子宝サプリ(自由国民社)』を高橋ウィメンズクリニックの院長さんと共に執筆されたり、「子ども向けサプリメント」のクラウドファンディングを立ち上げるなどご活躍されている健康食品アナリストの小浦ゆきえさんに、サプリの使い方や選び方、小浦さんご自身の妊活のご経験などお伺いさせていただきました!

「もっとわかりやすくできないの?」ご自身の経験から今のお仕事へ

kourasan03

__小浦さんは幅広くご活躍されていらっしゃいますが、今のお仕事をする前は何をされていたんですか?

10年くらいこの仕事をさせてもらっているのですが、元々はメーカーで働いていました。ハードな仕事が続いて自分自身もサプリを飲んでいましたが、ある日の新聞広告に「このサプリで痩せる!」という広告を発見してすごく疑問を感じたんです。広告には瘦せた結果のグラフがあったのですが、その端に「n=6」って書いてあるんです。私はこれが「6人を対象にした実験の結果」だとわかるし、「6人しか試してないのに痩せるとは言えない」とわかりましたが、普通の人はわからないだろうな…と思いました。当時は、売り手の情報か、大学の先生やお医者さんの難しい話しかサプリ関する情報がなくて、一般の人たちはよくわからないままサプリを買っている状況でした。大学時代に生物化学を学んでいたので、私がパイプ役になって、サプリメントの知識をわかりやすく伝えよう! と思い立ったのがきっかけですね。難しい日本語をわかりやすい日本語に翻訳するような仕事です(笑)

__そこからサプリメントなどの情報を発信されたんですね! 今から10年前だとまだまだ「サプリ=お年寄り向けの補助食品」のような感じでしたよね?

そうですね、最初のころの健康食品は「どくだみ」「青汁」とかが中心でした。10年くらい前はビタミン・ミネラルの錠剤が販売できるようになって、若い方の利用が広がり始めた頃でした。最近では、100円ショップでも販売されているくらい一般的になったなぁ~と実感しています。でも、サプリの種類が多くなってきたことで、消費者が「選ぶ」重要性が高まりました。私も上手に付き合うための知恵をみなさんにご提供できるよう努めています。

__なるほど!手軽になった分、選び方が大切なのですね!!妊活中だけでなく、妊娠してからもサプリは飲んだ方がいいんですよね??

妊娠したら摂ったらいけない成分、危ない成分もあるんですけど、「ビタミン」「ミネラル」などは、食事摂取基準で安全量が示されている範囲内だったら摂っても大丈夫なんです。でも、深く考えないまま自己判断で「これが足りない~」と摂取してしまうのはダメです! 安全が優先される時期なので、わからなければ摂らない。摂るならきちんと知識得てから選んでもらえればと思います。

__どうやって知識をつけていったらいいんでしょうか?

栄養について一から勉強するのは大変ですよね~。もちろん勉強していただくのもいいのですが、かかりつけの病院でサプリメントについて勉強されているお医者さん・薬剤師さん・栄養士さんを見つけて相談するのが良いと思います。
妊活中から「葉酸」が大事というのは知っている方も増えていますが、妊娠が分かってから飲まれている方もまだまだ多いんですよね。それに、「妊娠した後にいつまで摂り続けるか? 」「妊娠中に不足しがちな栄養素は?」などの情報はあまり知られていないので、今後色々な場面で発信していかなくてはと思っています。

__え!!葉酸って妊娠した後も出産まで飲み続けるサプリではないんですか!?

厚生労働省(当時の厚生省)の指針では、「妊娠計画中~初期の利用を推奨する」となっています。ただ、平均的な食事では妊娠中の推奨量に届いていないので、不足が心配な人は続けて摂っていても問題ありません。
あと、妊婦さん向けに栄養素がセットになったサプリメントもありますが、人によって必要なタイミングが違ったりするので注意してもらいたいです。よくあるのが「鉄分」です。「葉酸」とセットになったサプリもよく見かけますよね。例えば妊娠前から貧血気味の方は摂取てもらってOKなのですが、貧血でない人が妊娠前から利用するのはお勧めできません。必要以上に「鉄分」を取り過ぎると、体内で酸化が進み、肝臓や血管を傷つけてしまうのです。メーカーさんも、良い商品じゃなく「売れる」商品を作っているので、利用する側も正しい知識を身につけるべきだと思っています。

__自分に「合う」サプリってどうやって見つけたらいいんでしょうか?

「ビタミン」「ミネラル」などは、明らかに不足していた人以外、劇的な変化は感じません。マルチビタミンのように栄養バランスを整えるサプリは、将来への貯金だと思って使うのが良いと思います。
お悩みがあって、それに対する効果を期待して摂る場合、効果を判断するタイミングも大切です。お肌ならターンオーバーのサイクルが40日くらいなので2ヶ月くらい。爪の場合、爪先にあるのは半年前に作られたものです。ですから、数週間で「お、効果が出てきた!」なんて言っている人がいたら、ちょっと勘違いされているのかも(笑)。

__将来への貯金ですか…! 私は今31歳なんですが、35歳に子どもが欲しいと考えた時、いつからサプリメントを飲むのが良いのでしょうか?

卵子が育つのに約90日かかると言われているので、3か月以上前から体調を整えておきたいですね。「いつか」のために…ということであれば、卵子の鮮度・質を維持するための抗酸化サプリを今から始めておくのが良いでしょう。貯金だと思ってコツコツ続けてみてください。

サプリは「基準」を作れば選びやすくなる?

2013年に出版された小浦さんの著書『男と女の子宝サプリ』がこちら

2013年に出版された小浦さんの著書『男と女の子宝サプリ』がこちら

__サプリって何歳くらいから飲むべき! のような基準ってあるんでしょうか?

元々持っている体質やライフスタイルが違うので、年齢では区切れないですね。妊活に向けて、必要最小限の成分を補うか、それとも積極的に体調を整えるのか、目指すところによっても、何が必要か違いますからね。私は2人の子どもを授かったんですが、『男と女の子宝サプリ』の最後には、夫婦で妊活中に飲んでいたサプリやそのタイミングも掲載しています。参考にして頂ければと思います。

__『男と女の子宝サプリ』、もちろん読ませて頂きました! すごく丁寧にサプリのことや妊活のことが書かれてあって、自分自身の生活習慣をしっかり見直すキッカケになりました。こちらはどうして発売しようと思ったんですか?

自分が妊娠してマタニティ向けのサプリメントが目に付くようになって、「なんてお粗末な作り方(成分設計)なの!?」と驚いたことがキッカケです(笑)。妊娠するまでは気をつけて見ていなかったんですけど、自分が妊娠してみて気がつくことがとても多かったんです。実は、妊活中にサプリメントを使った時は、特別なことだと思わずやっていました。それで、最初は「マタニティー向けのサプリの本を…」と進めていたんですけど、編集の方と相談して「妊活」を中心に書かせていただくことになったんです。

__そうだったんですね! 男性に必要なサプリについても書かれてあって男女共に参考になることが多かったです。読んでみて改めて思うのですが、サプリの選び方って本当に大切ですよね。

私たちの体って新しいサプリや栄養素が出てきたからって何か変わるわけではないんです。色々と試して頂くのは悪くはないんですけど、栄養素の流行りがあること自体が間違えていると思っています。量も「たくさん摂ればいい」というわけではないですし、価格も「高い=質がいい」というものではないので、どんな成分で、どんな量で、どんな作られ方をしているかをしっかり確認して納得した上で購入してもらえればと思います。価格についても、一粒・一袋だけで考えるのではなく、保険と同じように年間でどれくらいサプリにお金をかけるか考えてみたほうがいいと思いますよ。

__なるほど~。選び方の基準が個人に託されているというもの判断が難しい所なんですかね?

そうですね。野菜の選び方とかって、お母さんと一緒に買い物に行った時に教えてもらったり、生活の中に基準が作られていたじゃないですか? でもサプリって「誰からも教えてもらったことがないまま自己判断している人」がほとんどなんです。サプリも食事のひとつと思って頂ければ、野菜を選ぶ時と同じように自分の基準をもとに選べると思うんです。医療従事者の方で、サプリアドバイザーの資格を持っている方もいるので、そういう方に相談して、正しい知識を得てもらいたいです。

__海外とかはちゃんと選び方の基準とかあるんでしょうか?

アメリカは日本のように保険制度が充実していないので、サプリを選ぶ必死さも情報量も違います。病院へ行かないために、日常からサプリでしっかり健康管理をしようというモチベーションが高いのです。でも、日本だと医療も充実しているので、「次にくるサプリはこれ!」というようなブームに載せられての利用が多いんですよね。

妊活も、妊娠も、子育ても思い通りにならない事ばかり。「まっいいか♪」と前向きの気持ちを大切に

__ちなみに、小浦さんが現在飲まれているサプリを教えてもらえますか?

ベースサプリの「マルチビタミン・ミネラル」くらいです。決してサプリマニアではないので(笑)沢山摂っているわけではないんですよ~。

__そうなんですか!? 意外です(笑)

マルチビタミン・ミネラルにもいろんな種類がありますし、同じ成分でも原料や濃度によって価格も変わってきます。成分の量で分けると、「低用量」「中用量」「高用量」の3タイプがあって、私は「中用量」のものにしています。
「低用量」は、主にドラッグストア等で販売されているもので、栄養不足にならないためのもの。「中用量」は体のコンディションを維持していくためのサプリ。 「高用量」は積極的に補うもので、「私、年をとりたくない!」くらいの気合いの方向けのサプリです。
私が中用量を飲んでいるのには理由があって、良く飲み忘れちゃうんです(笑)。お薬じゃないから、飲まないと死んじゃう! というものではないですが、忘れた時でも「まあいっか」って思えるレベルで…と思って摂ってます。

__確かに(笑)1日忘れてしまっても、次の日で挽回できる気がしますね!

忘れちゃっても「まっいいか♪」くらいの緩さでいいんです。忘れたことがストレスになっちゃうと余計に体への負担かかっちゃいますからね。妊活においてもそうですけど、緊張したり思いつめないようにしてもらいたいなって思います。

__なるほど~。サプリとの向き合い方が分かってきたように思います!

「これがあるから元気でいられる」ってハッピーなら良いと思うんですよね。価格が高いからいいっていうわけではないし、自分の基準で納得いくものを選んで飲んでもらえればと思います。

__これから妊活する方に向けてメッセージはありますか?

もっと気楽に考えていいよって言いたいですね。というのも、妊娠や育児って思い通りにならない事が多いんです。仕事でキャリアを積んでいくと、「自分が頑張れば目標が達成できる、思い通りになる」って経験が多いじゃないですか。だから、妊活も「頑張れば必ず成功する」って思っちゃう。でも、妊娠や子育ては、いくら自分が頑張っても思い通りにならない事も多いんです。それをコントロールしよう! と意気込んじゃうと逆にストレスになっちゃうだろうなと思います。だから、妊活や妊娠中は「まっいいか♪」って思える気持ちの準備をする期間なのかなと思いますよ。

__時の流れに身を任せ…って感じですね! 小浦さんが今後取り組みたいことなどはありますか?

ちょうど今、「子ども向けサプリメント」をつくるプロジェクトでクラウドファンディングを始めています!お子さんでも美味しく飲めるようなチュアブルタイプのサプリを作っています。息子のためにマルチビタミン・ミネラル探したのですが、海外のものは大味だったり、大人用のものは合成甘味料が入っていたり…と安心して食べさせられる製品が日本になかったんです。だったら私がつくろう! と思って、取り組んでいます。
mog

__すごい!! いつぐらいの発売を目標にされているんですか?

2017年9月の発売を目標に準備を進めています。自社での通信販売と、医療機関(調剤薬局・クリニック)のみで販売予定です。クラウドファンディングの応援も是非よろしくお願い致しますっ!

__もちろんです! 楽しみにしています!

サプリと聞くと敷居が高く感じたり、何から手をつけたらいいかわからない…と難しいと勝手な意識があったのですが、小浦さんとお話をしてみて正しい「知識」が身に付けたうえで自分の「基準」を作ればサプリを味方にできるんだなと感じました。ご自身の経験をもとに発信されていく小浦さん。クラウドファンディングや新しい活動のご活躍を応援しています!!(famit編集部:つるた)


株式会社ファインテ
「すこやかのちえ」を得て、正しい知識のもとで正しい製品選びを
〒812-0016
福岡市博多区博多駅南1-9-8 ケイアイビル5F
URL:http://www.e-quartet.com/
クラウドファンディング:https://camp-fire.jp/projects/view/13986

<<<告知>>>
「私の今の生活で、妊娠に近づけているのかな?」
famit運営元の株式会社ファミワンの新サービスがスタートしました。
妊娠したい女性をサポートするパッケージサービス「FLIPP」
まずは無料の妊娠力診断を是非お試しください。
banner-famit-ad-for-flipp-mobile