夫婦の気持ちのすり合わせを手助け:妊活心理カウンセラー・今井さいこさん

imai_5妊活で悩む女性やご夫婦に対してメンタル面からのアドバイスやワークを行う妊活心理カウンセラーの今井さいこさんにインタビューをさせていただきました。女性の考える妊活と男性が内に秘めているもの・・・気持ちのすり合わせ。今井さんご自身も妊活をご経験されています。今回は、夫婦の絆やパートナーシップの築き方の大変さについて話してくれました。

女性主導の妊活・男性は想いを内に持っている

imai1

__今井さん、今回は宜しくお願いします!早速ですが、普段どのような活動をされているのか簡単に教えてもらえますか?

はい、宜しくお願いします!私は心理カウンセリングやワークを通して、妊活に取り組んでいる人たちが「どのようにして妊活へ向き合ったらいいのか?」といった気持ちの面でのサポートに取り組んでいます。

__カウンセリングやワークには夫婦で参加される人が多いのですか?

これまで300名近くの人とお話をしてきましたが、最初は奥さんが1人で訪問されるケースが大半です。やはり妊活は女性の方が関心が高く、熱心に情報を調べていらっしゃいますね。

回数が進むにつれて旦那さんもご一緒に来られることもありますが、奥さんに「とにかく一緒に来て!」って無理やり連れてこられている感じの人が大半です。それだけ奥さんが主導で妊活をされているケースが多いのです。

__そうなのですね。カウンセリングに連れてこられた旦那さんたちはどのような雰囲気なのでしょうか?

やはり無理やり連れて来られたためか、「これからどんなことをするのかな?されるのかな?」と警戒している方が多いです。そのため、旦那さんとお話させていただく時には妊活や今後の家族生活に対して「どのようなことを思っているのか?考えているのか?」を引き出すことを意識しています。

__具体的にどのようにして男性の気持ちを引き出していくのですか?

夫婦それぞれが考えるライフプランを書き出してもらったり、ワークを通してお互いが考える家族計画を話してもらったりします。

その中で旦那さんが「このまま問題なく行けば◯◯歳に係長への昇任試験を受けようと思っているので、その前の△△歳の時だと妊活に専念できる」や「今抱えているプロジェクトが来年には終了するので、できたらそのタイミングから本格的に取り組みたい」など普段奥さんには伝えないようなことが「ポン」って飛び出してくる、なんてこともあるのです。

__これだけ具体的な年齢が旦那さんから出てくると奥さんも驚かれるのではないですか?

そうですね(笑)奥さんの中には「うちの旦那がここまで考えていたなんて・・・!」と驚かれる方も少なくないです。何よりも旦那さんの思いに気づいて「ハッ」とした表情を浮かべる奥さんが多いですよ。

男性は自分の考えを口に出さないだけで、男性なりに家族や仕事のことはもちろん「これらのバランスを上手に取っていくにはどうしたら良いのかな?」など色々と考えているんです。ただ、それを伝えるきっかけやタイミングがないだけなんですよ。

__これらの活動は奥さんにとっても非常に大切なことですよね。

そうなんです。女性は妊活の状況やその悩みを他の人に話せないことが多いため、妊活の時のメンタルは大変苦しいものです。そのため普段はお互いの気持ちを分かり合いながら双方向で見られていたことも、だんだん奥さんの視点、一方向からしか見られなくなってきます。

そのため、こうしたワークやカウンセリングを通して、奥さんに対してもこれまで一方向にしか見られていなかった視点や言葉に対して「違った見方もあるんですよ!」と伝えることができるのです。

これまで噛み合っていなかった奥さんと旦那さんの「気持ちのすり合わせ」を行うことによって、その後の妊活へのモチベーションが高まったり、絆がグッと深まるんですよ。

最初は旦那さんが置いてけぼりだった!今井さんの妊活とは?

imai2

__今井さんがカウンセラーになったきっかけは何だったのですか?

偶然見たニュース番組で取り上げられていた「児童虐待」の話題が、カウンセラーを目指そうと思ったきっかけです。カウンセラーとして活動を始める前は、IT関係の営業として国内を飛び回っていました。たまたま出張先で「児童虐待」に関するニュースを見たんですよ。その内容が当時の私にはとても心に引っかかるものでした。大学で心理学を学んだものの、心理学とは無縁の仕事をしていました。そのニュースをきっかけに仕事をしながらカウンセリングの専門学校に通い直しました。そこから様々な出会いと経験をして女性向けのカウンセラーとして活動するようになったんです。

__「妊活」をテーマとして扱うようになったのは何故なのでしょうか?

自分の妊活がきっかけでした。当時の私は、妊活において旦那と気持ちのすり合わせがなかなか上手にできなかったんです。

他の用件で産婦人科を受診した時に、それとなく担当の先生から「今井さん、子どもはどうする予定なの?」と聞かれたのです。当時31歳だった私は「子どもはそのうちほしいかなぁ・・・」と当時は思っていました。そのことを先生にお伝えすると「それならタイミング法から始めましょう」ということで妊活がスタートしたのです。今だから言えるのですが、「えっ、タイミング法?!何、それ!?」という感じでした(笑)

__そうだったのですね!それから妊活はどのように進んでいったのですか?

正直言うと「子どもは直ぐにできるかな?」って思いこんでいました。生理は周期的に来る方でしたし、私自身も自分は「健康体」であるとずっと思っていたからです。だけど妊活を初めて、全く妊娠の兆候が現れず・・・。そしてそのまま1年半が経過したのです。

そして「やっと妊娠した!」と思ったその妊娠が残念なことに「子宮外妊娠」であることが判明しました。当時は症状が出てから子宮外妊娠であると診断が下されるまでに約3〜4週間かかりました。この間に体調がどんどん悪化し、最終的に受診した総合病院で即手術、その後は麻酔の合併症で2週間も入院していました。

__旦那さんは妊活やこの一連の事態にどのように感じられていたのでしょうか?

彼は妊活を開始した当初「きっとそのうち子どもはできるよね!」とそこまで不安意識はなかったようです。妻がいきなり「妊活!タイミング!」と言いはじめて戸惑った・・・というのが本音かもしれません(笑)

旦那の気持ちが大きく変化したのは、私が子宮外妊娠をして総合病院に入院した時だと思います。この時に彼から「もう妊活はしないでいいんじゃないのかな?2度と君が苦しんでいる姿を見たくない」と気持ちを打ち明けられたんです。

__なるほど、旦那さんもそこで色々想いがあったのかもしれませんね。

そうですね・・・。私も妊活をはじめてから入院するまでを振り返る中で「今まで、きちんと2人で妊活について話したことがなかったなぁ」って気がつきました。この入院をきっかけにお互いが妊活に対してどう考えているか?今後どうしていくのか?について話しあったのです。

この話し合いをきっかけに、「旦那も彼なりの考えや思いはあるけれども、それを私に伝えられていなかった」ということを知りました。

__なぜ理由を話せなかったのでしょうかね?

旦那からは「いきなり妊活が始まって、どんどん物事や予定が自分が居ないところで勝手に決まっていく。正直、置いてけぼりな感はあったよ。だけど君も本気だし、自分の考えや思いを話しにくかった。」と伝えられました。終わりには「妊活に取り組む姿が本当に恐かった」と言われてしまいました(笑)

素直にいうと、私も妊活が上手くいかないことで、どんどん追い詰められていたのです。そのため旦那には「仕事ばかりで協力してくれない!」と冷たく当たったりしたこともしばしば・・・。私自身「旦那が協力的でない」と感じていたこともありました。「旦那の考えや意見を聞こう、耳を傾けよう」ということもしませんでした。夫婦として子供のいる生活を望むのは正しいことだ、という私の思い込みがあったので、彼が間違っていると責めていたのです。彼からしたら「相手の意見を聞きもせずに自分の我を通している妻は間違っている」と思っていたと思います。お互いのこうした行動や気持ちが妊活に向けた2人の考えや行動のすり合わせを行えない原因だったのではないかと考えています。

この話し合いをきっかけに、旦那とは「お互いに気持ちを合わせて、本気で妊活に向けて取り組もう」という結論に達しました。

__今井さん自身はこの妊活からどのようなことを感じられたのでしょうか?

そうですね。カウンセリングの専門知識があるはずの私でも、妊活における夫婦の気持ちのすれ違いやモヤモヤに苦労し、旦那と上手にコミュニケーションが取れない状態になっていました。もしかしたら「普通の人たちはもっと大変かもしれないな」って感じたのです。自分が妊活を経験したからこそ、これから妊活に取り組む人たちの支えになれるかもしれないと思いました。

こうした自身の経験があるので、奥さんに連れてこられた旦那さんが初めてカウンセリングを受けられる時には旦那さんの気持ちを聞き出すことを優先するんですよ(笑)。

専門家から広げる正しい情報の「輪」

imai2

__最後に、これから妊活をはじめるカップルにメッセージをお願いできますか?

一番お伝えしたいことは、専門家とつながることで正しい情報を手に入れてほしいということです。カウンセリングを通して、ネットで見つけた1つの情報や意見に振り回されて疲弊してしまっている方にお会いすることがあります。特に真面目な人ほど、一生懸命実践をして振り回されてしまっています。

どうしても1人で頑張っていると、頼れる情報源はネットのみという方も少なくはないと思います。しかし、インターネットの情報は、手軽に見られる掲示板や知恵袋など出元が不明であったり、仮に自身の体験談を書いていたとしても、それが万人に合うか、真実かどうかは読み手には判断がつかないからです。ネットで情報を取得する場合には「誰」が書いている内容なのか?について読み手側がしっかりと把握していく必要があります。

専門家と繋がることが大切なのは、安心できる情報源から情報を手に入れることができるということです。さらにその専門家を通して別の専門家とつながることもできます。専門家とつながることで、自身の情報の輪が広がっていくというわけなのです。

__妊活中、これから取り組もうとしている旦那さんに対して何かメッセージをお願いできますか?

旦那さんの中には、奥さんに対してご自分の意見を伝えにくかったり、話をしていてもケンカになって会話が終わってしまうという方もいらっしゃるかと思います。

そうした方には「私は◯◯だと思う。」という伝え方を奥さんにしてみることをおすすめしています。これは心理学用語で『Iメッセージ』と言い、自分がどう思う?どうしたいのか?ということを効果的に伝える上で役に立つ手法として用いられています。「私」を主語に置くことで、旦那さんが旦那さんの意思を持ってその考えを発信しているということを伝えられるのです。

また女性に対して、妊活に関する知識をお話しするのは避けた方がいいでしょう。女性は男性の方が思っている以上に「これでもか!」というぐらい妊活について調べていますからね。そのため、知識について話してしまうと「それは常識よ!!」と、かえって女性の神経を逆なでてしまう可能性もあります。

__奥さんに対してもメッセージをお願いできますか?

奥さんにお伝えしたいことはまず、「過去と他人は変えられない」ということです。よく聞くセリフかもしれませんが(笑)。「旦那が協力してくれない」という女性は、旦那さんを変えようと必死になっていることが多いです。ですが、「他人は変えられない」のです。そのため、自分自身が旦那さんとのすり合わせを通して変化をしていくことが大切になってくるんです。

日頃から、「旦那さんのお話しをきちんと聞けているかな?」「ないがしろにしていないかな?」と振り返ることも大切です。目に見える旦那さんの対応にだけ注目をしてしまうと、旦那さんのメッセージを見落としてしまうかもしれないからです。

最後に、旦那さんに何か伝えたいことがある時は、具体的な数や年齢といった数字を出して伝えることが大切です。男性は、客観的事実をもとにした話の方が情報処理しやすいといわれています。これは、奥さんの意識と旦那さんの意識をすり合わせる時にとても役立ちますよ。

__確かに2人の認識を合わせることは大切ですよね

そうなんです。どのようにして夫婦の認識をすり合わせていくか?それができれば旦那さんが「おいてけぼり」になることも減ってくると思いますし、奥さんが1人で悩むことも減ってくると思います。

大変な時期もあるかもしれませんが、前向きに楽しく夫婦で力を合わせて妊活に取り組むことでぜひ乗り越えていってください!

__今井さん、ありがとうございました!
妊活における夫婦の気持ちのすり合わせやその大切さ、妊活における男性の心情や考え方、ご自身の妊活から得られた教訓などを主にお伺いできました。特に「夫婦の気持ちのすり合わせ」は妊活だけではなく、子供をもった後の2人の生活にも大きく影響してくるのではないでしょうか。気持ちがうまく噛み合っていないなぁと感じる時にはぜひ今井さんのアドバイスを試してみてはいかがでしょうか?
(famit編集部:おすぎ)

妊活心理カウンセラー:今井さいこ(いまいさいこ)
imai_6妊活心理カウンセラーとして妊活に取り組む女性や夫婦のサポートを行う。カウンセリングサロン:LIB Laboratory(リブラボラトリー)の代表を務める。妊活に取り組む女性に向けた情報発信や交流会、サロン等の運営も行う。自身も妊活の経験があり、現在は2児の母でもある。
“前向きな妊活”をしたい妊活WOMANのためのブログ(今井さんのブログ)

<<<告知>>>

<<<ファミワン新サービスのご案内>>>
------------
正しく妊活できていますか?

なにをしたらいいか分からない...
最近夫婦仲がギクシャクしてきた...

そんなあなたのためのサービスです!

LINEで質問に答えていくだけで
あなたに必要なアドバイスが届きます。

男性・女性どちらでもご利用できます。

友達追加でサービス開始
友だち追加

■モニター参加に関する条件
・モニター中、ヒアリングのためにアンケートなどに回答いただけること
・テスト版と理解していただけていること
※料金はかかりません。
-----------