【男の妊活】オス力を維持せよ!”デキる男”になる習慣3つ

妊活カウンセラーの中村あやです。今日のテーマは「男の妊娠力」です。日本の不妊原因の約半数は男性に原因があるという事実は、情報として聞いてはいても、実感が沸かない人が多いのではないでしょうか?デリケートな男性のココロとカラダ、働き盛りの貴男へのアドバイスをお送りします!

毎日にワクワクを!ストレスとうまく付き合う

d4d5f78fb2d2386051ec0156218aa4f5_s

「毎日、なんだか疲れが抜けない・・・」
「やらねば、なことに追われている・・・」
「会社と家の往復、やりたいことを楽しめていると思えない・・・」

日頃、ワクワク感を感じることなく、なんとなく毎日を過ごしていませんか?

そんな貴方には、是非とも心が勝手に動くような「大好きなこと」を見つけてみることをお勧めします。

仕事で叶えられているのが理想ではありますが、会社以外での趣味、仲間との時間、交流の場に出かけるも良いでしょう。心が「ワクワク」できることに取り組む、楽しむ、時間を作りましょう。

働き盛りのビジネスマンから「夜の生活が・・・」と相談を受けることもよくありますが、疲労、睡眠不足、人間関係でつまずいてダメージを受けている男性が多いことに気づかされます。

職場でうまくコミュニケーションできなかったり、自分の長所を発揮できないと、途端に毎日が灰色になっていきます。

加えて業務量やプレッシャーに押しつぶされてしまうと、悪循環が続き、心身ともにダメージを受けてしまいがち。

いわゆる「鬱」っぽくなってしまうのです。

心に風邪をひいてしまうと、男性は「性欲」「男子力」に影響してくることがあります。

男のココロとカラダはとってもデリケート。

実は、メンタル面からの勃起障害(ED)になる人は多いのです・・・。

「最近食欲がない」「人と会うのも何だかおっくう・・・」という様な人は、黄色信号。

生活習慣を改めてみて。

ワクワクできることを見つける、ストレス発散タイムを是非とも積極的に作るようにしてみてください。

EDはまさかのきっかけで当事者になってしまうことがあるので、気をつけて下さいね。

ストイックより、リフレッシュ!効果的にスポーツを

bb59a874a288a4cfcaaaaf07b029ffb1_s
「俺はジムにも通っているし、運動バッチリ!」
なのに・・・
「翌日、なんだか疲れが取りきれない気がする」
「寝起きがスッキリしない」

そんな人はいませんか?

仕事もプライベートも充実させている「自称意識高い系男子」は、ストイックな自分が好きな方も多いように思います。

しかし、それがかえって体にダメージを与え、体を老けさせてしまっていることがあるのです。

急激な運動をした後、アフターケアをしっかりしないまま放置していると「乳酸」がたまり、それが疲労物質となって残ってしまうのです。「活性酸素」を逆に増やすことにつながっている場合もあります。

例えば、フルマラソンをされる方が最近増えていますが、これも肝臓に負荷がかかりますので
前後のストレッチ、食事を含めたアフターケアまでを考えて取り組むことをぜひお勧めします。

不妊治療の現場で、ボクシングやトライアスロンなど過酷なトレーニング生活をされていた方が、以外にも男性不妊で通院されているのを見かけます。

激しいスポーツやトレーニングで強い負荷が体に加わると、体内の活性酸素が大量に発生し、精子の奇形率を高めたり、精子の受精能力や運動率の低下に繋がると言われているのです。

良かれと思っていたトレーニングで精子が・・・、これは怖いですね。

スポーツ男子はぜひ以下のようなポイントを守ってトレーニングをしてみて下さい!

・運動前と後はしっかりストレッチやクールダウンを行いましょう
運動前はストレッチで十分に体をほぐし、後は疲労回復ケア、運動の効果を高めましょう。

・有酸素運動を中心とした運動がお勧め
ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を継続することは、新陳代謝も高めます。

・夜寝る前は、ぬるめのお湯にゆっくりと浸かりましょう
熱いシャワーは交感神経を高めてしまうので、夜は適温のお湯にゆっくり浸かるのがベター。

・「力を抜く」時間を作りましょう。
副交感神経を優位にする、ヨガや呼吸法をなどを取り入れるのもオススメ。

・リラックスタイムを作りましょう。
パートナーとの時間、マッサージでカラダをほぐすなどゆるゆるタイムを。

ビジネスも戦闘モード、ジムでも再び戦闘モード、帰りは熱々のサウナに直行!!という男性は、常に「交感神経」が優位になったままになっています。体が休まらずリラックスできない状態が続くのです。

ストイックすぎる習慣を改め「副交感神経」を優位にするリラックスタイムを持ってみて下さいね。

上をとる?下をとる?AGAの薬は飲まない!

15219020fd495f1a95ae24ec19ddba06_s
「何が何でもハゲだけは阻止したい」
「薄毛問題が襲ってくるなんて・・・」

そんな恐怖と戦っている殿方はいらっしゃいませんか?

女性が痩せたいのと同じかそれ以上に、男性は「フサフサがかっこいい!」意識がありますよね。

しかし、ハゲを気にするあまり「AGA薬」を飲む男性に、知っておいていただきたいことがあります。

というのは、その副作用をあまり気にしない人が多いからです。

それは「フィナステリド」という成分のことです。

例えば、薄毛に効果がある「プロペシア」を常飲していると、ED、性欲減退、精液量が少なくなったという男性がいます。この薬は服用を中止した後も、症状が続くこともあるらしいです。

プロペシアの副作用は発症率は低く、個人差もあるとよく使用上の注意には書かれているのですが、ご相談などの実感値としてもっと多いのでは?と思うことがあります。

「セックスレスになった」という話を聞くたび「ハゲの薬怖い・・・」と強く感じています。

フィナステリドを平均7カ月摂取し続けた男性を対象に、摂取前と摂取後の平均3年後を比較して性欲が変化したかを尋ねたところ、性欲が低下したというのを感じた人は9割もいたという調査結果もあるようです。

飲用する場合は、副作用のことは少なからず知っておくべきだと思います。

精子の濃度にも関係するとも言われていますので、不妊クリニックではご主人の服用はアドバイスがあるはずです。

気軽に飲める、内科や皮膚科でも簡単に処方されてしまう「プロペシア」。

上をとるか、下をとるか・・・

「EDや男性不妊になるくらいだったら、性欲旺盛なスキンヘッドの方がよい!」
「その方が男らしい!!」と、個人的には言いたいのですが・・・

毛髪の問題はストレスが関係していることもあります。改めてライフスタイルも見直してみて下さいね!

いかがでしたか?男の妊活力にはメンタルヘルスが大きく関係しています。「体の不調は心にもリンク」します。鬱、AGAなど頭皮の問題、EDもストレスが関係しています。自律神経のバランスを整え、リラックス習慣を!ヨガや瞑想、マインドフルネスを日常に取り入れてみるのもいいですね。一人で抱え込まず、誰かに話を聞いてもらうことも大切です!EDの原因は、心因的なもの以外に生活習慣病や加齢、肥満など様々なリスクファクターが複合的に絡み合っていることも多いです。気になることがある方は、泌尿器科に相談されるようにしてくださいね。

aya_prpf

中村あや
日本不妊カウンセリング学会員・学会認定不妊カウンセラー
広告やメディアに携わるOL時代に女性の産みどきやライフスタイル・キャリアシフトに問題意識を持つ。生殖医療を0から学び、当事者サポート、タイ式セラピスト、ライターとして活動。性の悩み・夫婦生活・不妊治療相談を主に担当。ネガティブをポジティブに変える!がモットー
#Blog:http://ameblo.jp/chaai-haat/
#MailMagazine

<<<告知>>>

<<<ファミワン新サービスのご案内>>>
------------
正しく妊活できていますか?

なにをしたらいいか分からない...
最近夫婦仲がギクシャクしてきた...

そんなあなたのためのサービスです!

LINEで質問に答えていくだけで
あなたに必要なアドバイスが届きます。

男性・女性どちらでもご利用できます。

友達追加でサービス開始
友だち追加

■モニター参加に関する条件
・モニター中、ヒアリングのためにアンケートなどに回答いただけること
・テスト版と理解していただけていること
※料金はかかりません。
-----------