【シリーズ】授かるためのアーユルヴェーダ体質術!vol.4

00こんにちは!あなたのアーユルライフパートナーの山田佐和子です。アーユルヴェーダを通じて、あなたの本来の可能性や輝きを最大限に発揮するための習慣や体質術をお伝えする活動をしております。私からは、不妊に対して部分的な原因解決の追求だけでなく、ホリスティックな目線で全体を丁寧に観察しながら、あなたが潜在的に持っている可能性を引き出し、大切な命(赤ちゃん)を授かるためのアーユルヴェーダの習慣・体質術をお伝えしていきます。

前回の振り返り〜妊娠力を高めるアーユルヴェーダハーブ〜

01-3

『アンナ・マヤ・コーシャ=人間の身体は食べ物で出来ている』

アーユルヴェーダの古典ではこのような記述もあるように、生殖器官の働きと、日々摂取する食べ物とはとても深い関係にあります。

しかし、食生活に気をつけているけどなかなか授からない人、どうしても生活習慣を変えることができず、偏った食事になりがちな人・・・

前回はそのような方のために、妊活力を高めるアーユルヴェーダハーブ「シャタバリ」のご紹介をしました。

シャタバリは、インドの生薬では女性の処方薬のうち少なくとも50パーセントに使われるくらい女性にとっては大切なハーブとされており、女性の生殖器系に強壮作用と若返り作用をもたらし、女性ホルモンのバランスを調整するハーブでした。

また前回は妊活力を高めるハーブに合わせて、アーユルヴェーダで「シュクラ」と呼ばれる妊娠するために大切な生殖器についても少しお伝えさせていただきました。

今回、そして次回は2回を通して、その「シュクラ」について、根本的に妊活力を高める食事や生活習慣についてお伝えしていきますね。

原因不明の不妊原因は「種の潜在能力」にあった・・?

02-1

種の潜在能力」とは、
女性に排卵があり、その卵子に生殖能力があること、男性にも精子があり、射精でき、その精子に生殖能力があることを示します。

例えば、植物を種から育てる際にも、100粒の種を蒔いたとしても、その100粒のすべてが発芽し、同じような成長をすることはありません。その中の幾つかは、発芽しない種子もあるし、発芽してもその後十分に発育しない種子もあります。

種の見た目はすべて一緒なのに、なぜそんな違いが出てくるのでしょうか…?

それは、種子自体が持っている潜在能力に違いがあるからです。

アーユルヴェーダでは、このような種の潜在能力を根本的に高める方法があります。

今回はその前に、まずどのような過程を経て、生殖器である「シュクラ」と、そこから生まれる種たちが育まれていくのかについて、お話ししていきます。

潜在能力強化には身体の細胞作りの過程が大切!

03-1(写真出典:http://www.ayurvedalife.jp/dhatu_mala.aspxより)

上記の内容を簡単にまとめると、下記の2点になります。

(1)妊娠するために大切な生殖器のことをアーユルヴェーダでは「シュクラ」と言います
(2)シュクラの力(生殖器の働き)の高めることによって、精巣や卵巣において強くて丈夫な潜在能力の高い精子や卵子をつくることができます。

『アンナ・マヤ・コーシャ=人間の身体は食べ物で出来ている』

ここで改めてとても大切な言葉なのでこちらを引用します。

摂取した食べ物は、消化能力(アグニ)によって消化されて、栄養となって全身に運ばれていきます。そして運ばれた栄養から、身体の組織や細胞は作られます。アーユルヴェーダでは、ダートゥと呼ばれる身体の構成要素が7種類あります。

(1)ラサ – 体液、リンパ、血漿:血液の液体成分で全身に滋養を与える
(2)ラクタ – 血液組織:血液の血球成分で酸素を供給する
(3)マーン、マムサ – 筋肉:身体を覆い、保護する
(4)メダ – 脂肪、脂肪組織:身体をなめらかにする
(5)アスティ – 骨組織(軟骨を含む):身体を支える
(6)マッジャ – 骨髄:身体の信号
(7)シュクラ – 精子(男性)、卵子(女性):胎児をつくる

7つの身体の構成要素(ダートゥ)は、お互いにバランスをとりあって体内で調整をしているので、どこかひとつにでも支障や問題があると、どこかの部分に影響が出ることになります。

食べ物が栄養になり、その栄養が元になり各部位で代謝が進み臓器などが作られます。
そしてその順番の最後に作られるのが「シュクラ」です。

西洋医学や現代医学では、一部の不調があると、その部分に注目して対処することが多くあります。

しかし、アーユルヴェーダではよりホリスティックな視点で、不規則な生活や体質に合わない食習慣を続けた場合、特定の体質要素(ドーシャ)だけが増えて本来のあなた自身が持つ潜在能力が乱れると考えられています。

つまり、原因不明と言われる不妊原因の中には、生殖器や精子や卵子における「シュクラ」の問題だけでなく、シュクラに至るまでの過程でのバランスも含めて、全体的にバランスが取れていることが重要になります。

今回は、根本的に妊娠力を高める体質になるために、まずは妊娠するために大切な生殖器「シュクラ」が作られる過程についてお話しさせていただきました。次回は、この身体の組織が作られる過程を含めて、シュクラの潜在能力を高める食習慣や生活習慣をお伝えしていきます。身体の細胞からクリアにし、妊娠するために大切な生殖器「シュクラ」の潜在能力を高めていくことで、あなたの大切な赤ちゃんを授かりやすい体質にしていきましょう。

【備考】
画像は下記のサイトより使用
http://jp.123rf.com

column
山田佐和子
アーユルヴェーダの厳選した情報と商品を。
アーユルヴェーダVISKAM(ヴィスカム)代表。
「あなたのアーユルライフパートナー」として、アーユルヴェーダを通じて、
あなたの本来の可能性や輝きを最大限に発揮するための習慣や体質術を伝える活動をしている。
スリランカ政府公認機関スリランカ・アーユルヴェーダ医学協会( SLAMA)認定インストラクター
日本アーユルヴェーダ普及協会(JAPA)認定セラピストhttp://viskam.info

<<<告知>>>

【コラムニストの紹介】
(ファイル名 column.jpg)

アーユルヴェーダの厳選した情報と商品を。
アーユルヴェーダVISKAM(ヴィスカム)代表。
「あなたのアーユルライフパートナー」として、アーユルヴェーダを通じて、あなたの本来の可能性や輝きを最大限に発揮するための習慣や体質術を伝える活動をしている。
スリランカ政府公認機関
スリランカ・アーユルヴェーダ医学協会( SLAMA)認定インストラクター
日本アーユルヴェーダ普及協会(JAPA)認定セラピスト

VISKAM

<<<ファミワン新サービスのご案内>>>
------------
正しく妊活できていますか?

なにをしたらいいか分からない...
最近夫婦仲がギクシャクしてきた...

そんなあなたのためのサービスです!

LINEで質問に答えていくだけで
あなたに必要なアドバイスが届きます。

男性・女性どちらでもご利用できます。

友達追加でサービス開始
友だち追加

■モニター参加に関する条件
・モニター中、ヒアリングのためにアンケートなどに回答いただけること
・テスト版と理解していただけていること
※料金はかかりません。
-----------