夫の狩猟本能を芽生えさせよ!愛され妻になるための秘訣3選

dfd401fd30af8ccda8ee5cb99597e88a_s男性には狩猟本能というものがあります。それは、逃げている獲物を手に入れたくなるという本能です。恋愛の場面では、すぐ付き合える女性より、なかなか口説き落とせない女性をなんとか手に入れたくなるという話を良く聞きますが、結婚といういわば男女が結ばれた状態にあったとしても、妻は夫の狩猟本能を維持させることが重要です。夫が妻を求める=「円満な夫婦生活」や「妊活」にも繋がるのです。夫の狩猟本能を掻き立たせ、女性として愛され続け、円満な夫婦生活を送るためには一体どうしたら良いのでしょうか?具体的な3つの方法をご紹介いたします。

主導権は夫にあると感じさせよ!

01-2
突然ですが、皆さんはこんなことをご主人に言ったことはありませんか?

「少しは家事を手伝ってほしい」
「夫婦の時間を持つために、早めに帰ってきてほしい」
「休みの日には一緒に出かけたい」
「たまには美味しいディナーに連れて行ってほしい」

これは全てあなたの感情、あなたの希望でご主人の意志とは関係ありません。
これでは夫は妻の重圧に押しつぶされ、日々のプレッシャーから他に安らぎを求めるために不倫に走ってしまうというケースも少なくないのです。

夫への重圧をなくすためには、家事を手伝ってくれた、いつもより少し早く帰ってきてくれた、一緒に楽しく食事の時間を持てた、この事実に対して旦那さんへ感謝の気持ちを示すことが大切なのです。

そして、そのことが夫に対し 「俺の行動が妻を幸せにしている」「俺が妻を引っ張っている」と主導権を感じさせていくのです。
たとえ夫への感謝の気持ちが本音でなくても夫を立て、夫に感謝をするということが重要であり、それを演じることこそが旦那さんの狩猟本能を掻き立たせることができるのです。
そしてそれが愛され妻になるための1歩になります。

時には夫を不安にさせよ!

02-2
妊活に美意識など関係ないんじゃないの?そんな風に思ったあなた。
いえ、夜の夫婦生活がうまくいことがまずは妊活の第一歩ですよね?

奥さんが綺麗でいると、誰かから言い寄られたりしないか?好きな人でもできたのではないか?と男性は急に不安になります。

気持ちが遠ざかってしまうのではないか?居なくなってしまうのではないか・・・!という不安感が「妻を自分の手に入れておきたい!」と、夫の「狩猟本能」を掻き立てるのです。

決して美人で可愛くある必要はありません。

女性であることを忘れず、美意識を高めていくことが重要なのです。
また、外見だけでなく精神的にも自立していることが大切です。
それは自分の時間を楽しんで過ごせるかどうかです。

仕事をしていようが、専業主婦であろうが、自分の時間を謳歌できているか、何かに打ち込めることがあったり、友達と過ごす時間だったり、精神的に充実していることで自立心は養われます。

そしてそれがあなたをキラキラと輝かせるのです。
輝いたあなたを見て、旦那さんは嬉しい反面、素敵な妻をずっと自分の側においておきたい、他の誰にも渡したくないと思うようになるのです。

朝の夫婦生活で幸福度を高めよ!

03

夫婦生活は「夜」という夫婦が多いかと思いますが、夜は1日の疲れがどっと出るために義務感に襲われることがあります。
加えて妊活中であればなおさらです。

良く聞く話ではありますが、月に1回しかない排卵日、妻は夫に対して「今日はその日だから早く帰ってきてね」と言うことがあります。

当然男性としても子供が欲しい場合、その貴重な日を台無しにするわけにはいかないので、セックスをするのは当然と考えますが、それを妻が口に出すことで夫はプレッシャーを感じてしまうのです。

そして、それが男性の狩猟本能を無くすという結果に繋がってしまい、妻を抱きたい、妻を大切にしたいという気持ちまでも減退させるのです。

では、夫婦生活を「朝」に切り替えた場合、男性にどのような影響を与えるでしょうか。

朝は疲れが溜まっていないので、セックス自体を楽しめる
1日の始まりに愛し合うことで、その日1日が幸せに包まれる
朝から妻を抱くという行為が夫として尊厳を保つことができる
朝に性欲を発散させることで、夜の浮気を防止できる効果がある。

このように朝に夫婦生活、「朝の妊活」はメリットがたくさんあります!

また、妻としても朝からの営みは幸福度を高めることができ、美容にも精神的にも良い効果が現れます。結果、美しくあり続ける妻として夫からも愛され続けるのです。

「朝から誘うのはなんだか恥ずかしい」「嫌がられたら、どうしよう」と思うかもしれませんが、いつもとは違う状況に旦那さんもドキっとするはずです。

ぜひ実践してみてください!

いかがでしたか?
愛され妻になるためにはこのように夫の狩猟本能を掻き立てることが重要です。
今回ご紹介した3つのことを、ぜひ旦那さんには内緒にしながら試してみてください!

秋葉優美column
中央大学文学部教育学科卒業 大学卒業後、大手旅行会社「JTB」に総合職として就職。その後六本木の商業複合施設「東京ミッドタウン」のマネジメント会社へ転職。商業施設のファッション店舗担当として、店舗売上管理、販促、MD、VMD、店舗スタッフ研修など幅広く担当。また、街のイベント、プロモーションなど手掛ける。その後、セルフブランドコーディネーター/パーソナルコーディネーター/イメージアップコンサルタント/婚活インストラクターとして独立し、3000名以上の研修、セミナーやファッションコーディネートの実績をもつ。日本全国で企業・法人向けの講演なども行っており、コラムニストとしてWEB連載実績も多数。プライベートでは2015年に結婚・妊娠、2016年に出産。1児の女の子の母となる。現在はママ起業家として起業家運営塾の運営、セミナー・講演、執筆業など活躍の場を広げている。
アメブロhttp://ameblo.jp/akibayumi/

<<<告知>>>

<<<ファミワン新サービスのご案内>>>
------------
正しく妊活できていますか?

なにをしたらいいか分からない...
最近夫婦仲がギクシャクしてきた...

そんなあなたのためのサービスです!

LINEで質問に答えていくだけで
あなたに必要なアドバイスが届きます。

男性・女性どちらでもご利用できます。

https://lp.famione.com/
-----------