姿勢の善し悪しが妊娠力の要・子宮の形も変化する!虎ノ門カイロプラクティック院

usuda_2カイロプラクター 碓田 紗由里(うすだ さゆり)先生にインタビューしてきました!碓田先生は旦那様が院長を務める東京都港区虎ノ門にある虎ノ門カイロプラクティック院に勤務されています。先生はご自身の妊活・妊娠中の経験から「日常の姿勢」がとても大切であることをインタビューの中で強くおっしゃっていました。今回は碓田先生がカイロプラクティックをはじめたきっかけ、男女ともに背骨を大切にしてほしい理由、先生が考える「姿勢と妊娠」の関係についてお話しを聞いていきました。

自身の妊娠・出産を通して、妊娠前からの「姿勢」が大切だと感じた!

usuda_1

__碓田(うすだ)先生、今回は宜しくお願い致します。最初にどうしてカイロプラクティックを妊活に取り入れるようになったんですか?そのきっかけを教えてもらえますか?

 こちらこそ宜しくお願い致します!きっかけは自分が妊活から妊娠、そして出産した時の経験が影響しています。

__ご自身の妊活中は何か意識されたことはありましたか?

 妊活中は体づくりがメインでした。もともと仕事柄、足腰を非常に使うんです。これ以外にも、通勤に自転車を使うなどして体全体を鍛えることを心がけていました。夫にカイロプラクティックの施術をしてもらうことで、定期的に体を整えてもらっていました。その後、タイミングを取っていく中で妊娠をしました。

__妊娠から出産までの過程はどうだったのでしょうか?

 妊娠中は特に問題はなく、病院でも「優良妊婦」って言われているぐらいでした。そのため自分も「出産時には安産ですぐ生まれてくるかなぁ」と思っていたんですよ。

ですが実際は、破水が始まって丸一日経過しても子宮口がなかなか開きませんでした。そのため先生から「陣痛促進剤を使いましょう」と提案されました。仕事柄、体にはものすごく気を使っていたので薬には頼らず自分の力で産みたかったんです。この時悔しくて涙が出てきたことを今でも覚えています。

「初産としては安産な方」だよと病院では言ってもらいましたが、自分の中では納得できませんでした。

__そうだったんですね。そこからどうされたんですか?

 どうしてもその時のことが悔しかったので、自主学習やセミナー等への参加を通して理解を深めていきました。その中で「骨盤」と「姿勢」が快適な妊娠生活と安産に関係すると強く感じていくようになりました。良い姿勢・骨盤だと、産道が本来の状態なので安産型、悪い姿勢や歪んだ骨盤だと、産道が曲がっていたり、出産途中で骨盤に赤ちゃんの頭がひっかかったりするため難産になるリスクが高くなると言われています。

実は妊娠し、後期になるにつれ腰が「反り腰」になっていたのは気が付いていました。ですが、日々の忙しさもあり「こんなものだろう」と思って改善を怠っていたんですよね。こういった反省も今の活動を進める上での活力源になっています。

また、姿勢や骨盤が歪んでいると、当然ながらその歪みの影響が子宮の形や赤ちゃんにも影響します。良い姿勢だと子宮は丸く赤ちゃんもゆったりしており、悪い姿勢だと子宮が楕円形やなす型になっているために赤ちゃんが窮屈になり、赤ちゃんの発達にも影響が出るという研究も発表されています。 姿勢や骨格のバランスの問題で妊娠がしにくい体になっていたり、妊娠中や出産の時に必要以上に苦労したり、そういった思いや気持ちを皆さんには感じて欲しくないですからね。

そしてなるべく妊娠する前からの体作りをお勧めします。たいてい妊娠してから食事に気を付けたり、ヨガやスイミングなど運動に励む方が多いのですが、妊娠してからだとつわりなどでなかなか思うようにいかないこともあります。姿勢も妊娠中はお腹が大きくなるにつれ維持するのが大変になってきます。もともと姿勢の良い方はちょっとした改善で済みますので圧倒的に楽なのです。快適な妊娠生活を送るためにも、今の妊活の時期がチャンスだと捉えていただきたいです。

「健康のコンサルタント」として同じように悩む女性の役に立ちたい

usuda_2

 __碓田先生がカイロプラクティックと出会ったきっかけはなんだったのでしょうか?

 私がカイロプラクティックに出会ったのは、大学3年の時です。施術を受けてすぐに、背すじが伸び、体が軽く、動きがスムーズになり、体の内側から変わっていくのを感じました。その後、昔から悩まされていた冷え性が徐々に改善し、体の可動範囲が広がるのも動かすたびに実感できました。学生時代は、肩こりや冷え症、アレルギー、顔色の悪さが悩みでした。元々バスケット部で定期的に運動をおこなっており、食欲もあり、便通もしっかりとしている方だったので、なぜこんなに不調を感じるのか不思議でした。今でしたら、当時の私の姿勢の悪さが原因だとはっきり分かります。

 __ご自身もカイロプラクティックを通して体調が変わる経験をされていたんですね。

 そうなんです。この時の経験から「この素晴らしい技術をもっと知ってもらいたい!」、「同じように悩んでいる女性のお役に立ちたい!」と思いカイロプラクティックの道に進みました。

 __具体的にはどのような施術を行っているんですか?カイロプラクティックとはどんな療法ですか?

 うちの院の場合は、カイロプラクティックの施術の他に姿勢の分析と指導に力を入れています。まずカイロプラクティックが何か簡単に言うと、背骨を調整して身体を健康にするという施術法です。カイロプラクティックは、2つの目的があります。まず1つ目は、体の柱となる背骨を本来あるべき状態にするということです。背骨は体の柱ですので、柱が曲がっていると建物が立たないように、背骨が歪んでると筋肉など体に負担がかかり痛みや不調が出ます。

2つ目は、背骨の中を通っている神経の流れを良くするということ。背骨の中には脊髄(せきずい)という太い神経が通っています。その脊髄から枝分かれした神経が背骨のすき間から出ているのですが、背骨が歪んでしまうと、その神経を圧迫してしまい、体調不良の原因になります。背骨の中に通っている神経の中には、内臓をコントロールする自律神経も含まれますので、妊娠に必要な排卵、生理痛や生理不順などにも影響します。

背骨が歪んでしまう大きな原因が、普段どのような姿勢の過ごし方をしているかということがありますので、姿勢の指導には力を入れています。

まずクライアントの鞄の持ち方や足の組み方など姿勢のクセをお聞きします。そして姿勢の写真を撮り、コンピューターで細かく姿勢の分析をして問題点を把握します。背骨の動きなどの検査データを元に、背骨の歪みを取る施術と姿勢習慣を改善するためのアドバイスを行っていきます。

夫婦で一緒に体づくりを通して妊活を行っていく

usuda_3

__碓田先生がこれまで関わってきたカップルのエピソードが何かあれば教えてもらえますか?

 そうですね。最近は女性だけでなく、老若男女問わず姿勢と背骨の大切さが見直されるようになってきました。そのため体のメンテナンスを目的として来院する人が増えており、男女比で見ても半々ぐらいです。そのためご夫婦で来院される方も増えてきています。来院の目的をお伺いすると「どこかしら体の調子が悪いという方」や「姿勢が気になるので」という理由で来られる方が多いです。妊活についてはデリケートな部分もあるので、「妊活のためです」とはっきりとおっしゃる方はあまりいません。しかし、そういった方がご夫婦で施術を受けていく中で、妊娠をしたという報告をもらうこともありますし、施術中の会話の中で「妊活も含めて体を整えに来ている」と話される方もいます。あとはご興味ありそうな方には、私の方から妊活についての話しをすることもあります。

__姿勢を改善した女性の方で婦人科系の症状が改善した方や妊娠につながった方について教えてもらえますか?

 生理痛や生理不順が改善したという声はよく頂きます。その中でも印象的だったのは、20代の生理不順に悩んでいる方で、生理が来るのは半年に一回のペースでした。その方はタイ古式マッサージの仕事をしているだけあって、筋肉も十分柔らかかったですし、背骨にも特に問題ありませんでした。ですが、骨盤だけ歪んでいる箇所がありました。施術したその数日後、生理が来たという報告がありました。その1月後また施術後生理がすぐ来て、その後毎月生理が来るようになったそうです。他にも生理痛がひどかった女性が脚を組むクセをやめただけで改善したという例もありました。姿勢と骨盤と内臓はつながっていると実感することはよくあります。

__背骨の歪みが内臓にも影響を与えていたというわけですね。

 そうなんです。別の女性の場合には骨盤が少し歪んでいて、かつ開いているということがありました。その方は妊娠したものの子宮外妊娠で卵管を切除する手術をし、その後また妊娠しましたが残念ながら流産をして非常に辛い思いをされました。この方には骨盤を閉める施術の他に姿勢習慣の改善に取り組んでいただいた結果、来院半年後に妊娠し、無事出産することができました。

骨盤は妊娠初期から開き始め、出産時に最大に開きます。出産だけでなく、もし1度でも妊娠したことがある場合、帝王切開だった方の場合は骨盤が開きっぱなしということがあります。こういう場合、妊娠しにくい、また二人目不妊の原因にもなるとも言われているので注意が必要です。

姿勢を変えることで前向きに妊活に向き合おう!

__最後に、これから妊活をはじめるカップルにメッセージをお願いできますか?

 姿勢が良くなると日々の過ごし方が変わります。背骨と姿勢を正してあげると、体の調子が良くなるし、調子が良くなればアクティブにもなれるので、仕事も妊活も子どもを授かった後は育児も頑張れます。体調が良ければ気持ちも前向きに変わります。

ご夫婦が元気じゃないと、家庭が暗くなってしまいます。ご夫婦が明るく元気だと家庭も明るくなりますよね!お二人が明るく元気でそして健康でいることは、生まれてくる子どもにも良い影響があるはずです。

 妊活は明るく楽しいものでなければいけないと思います。妊娠しなければ!とプレッシャーを感じるよりも、結果はどうであれ、まずはご自身の幸せのために行っていただければと思います。そのために、背骨と姿勢を整え、体調を整えて日々を楽しく生きることを大切にしてもらいたいです。

__確かに先生のお話をお伺いしていると、姿勢を改善することで得られる恩恵がたくさんあるように思えてきました。

 姿勢が良くなると、「妊活に対して前向きな気持ち」になります。人が落ち込んでいる時は、たいてい下を向いていることが多いです。上を向いて落ち込んでいる人を見ることはありません。うつのカウンセラーによると、うつの方は猫背で下を向いていることが多いそうです。状態が改善されているかどうかを判断するのに姿勢も判断材料の1つだそうです。

また、脳科学の分野で顔の表情が脳に影響するという研究があります。楽しいこと面白い事がなくても笑顔を作ると脳の血流が増える。逆に面白いことがあっても笑顔ができないようにすると脳の血流は増えない。脳は実際起こった出来事より体の状態で判断している。これを「身体性(しんたいせい)」と言います。姿勢も同じで、姿勢が悪いと気持ちも落ち込みやすく、姿勢が良いと落ち込むようなことが起こったとしても受け止め方が前向きになりやすいのです。このことは、夫が講演先などでアンケートを取った結果、約8割の方は姿勢が良い方が前向きな気持ちになると答えています。

これを逆手にとって、落ち込んだ時こそ姿勢を良くするようにするのがお勧めです。そうすると落ち込んでいた原因もたいしたことでないと思えるようになるんですよ。ファミワンさんを利用しようという方はそもそも前向きなご夫婦ばかりだと思うのですが、なかなか思うようにいかなかったり、夫婦間で意見が食い違ったりした時に、姿勢がどうあるかで問題を解決する気持ちが変わってくるのではないでしょうか。

妊活は明るいものでないといけないと思うので、ぜひ姿勢を良くして前向きな気持ちで取り組んでいただければと思います。

__碓田先生、ありがとうございました!
 姿勢が妊活に与える影響や施術による改善例を碓田先生にお話してもらいました。先生のお話をお伺いしていて、姿勢を良くすることで体調改善だけではなく妊活の一環としても大きく結びつくのだなと改めて感じました。姿勢の変化は一人だと気が付きにくいので、まずはこの機会にカップルで互いに見合ってみてはいかがでしょうか?
(famit編集部:おすぎ)

カイロプラクター・碓田 紗由里(うすだ さゆり)
usuda_4
カイロプラクターとして虎ノ門カイロプラクティック院に勤務。著書に『産後骨盤リセットダイエット』(かんき出版)がある。日々、姿勢や体調不良に悩む女性に向けたアドバイスを行う。
虎ノ門カイロプラクティック院HP
愛され姿勢のつくり方(碓田先生のブログ)
産後骨盤リセットダイエット(かんき出版)

<<<告知>>>
「私の今の生活で、妊娠に近づけているのかな?」
famit運営元の株式会社ファミワンの新サービスがスタートしました。
妊娠したい女性をサポートするパッケージサービス「FLIPP」
まずは無料の妊娠力診断を是非お試しください。
banner-famit-ad-for-flipp-mobile