【体験談】気づかないうちに近づいていた心の病【もーか③】

前回お話したタイミング法での妊活が失敗に終わり、それからの妊活の模様をお伝えします。現時点で約1年妊活しており、何気なく歩く街で自分の視線の先には子供やベビーカーに目がいき焦っていないようで焦っているのだとつくづく感じます。不妊治療は気持ちを強く持つ事が一番大事ですよと言われていましたが、そう感じる事がたくさんありました。

妊活を始めて感じた体の異変

images
生まれてから煙草は1度も吸った事がなく、お酒もたしなむ程度の私。好き嫌いもほとんどなく、3食バランスよく食事をしています。家族に不妊で悩んだ者は1人もおらずいたって普通。早寝早起きを心がけており不規則な生活は送っていないつもりです。強いて言うなら運動不足かなと思い毎朝仕事前に軽めのウォーキングをしています。そんな私なのですが最近妊活に必死で気がつかなかった事があります。それが体重です。
ピークは50キロあった体重が今では42キロになっていました。いつの間にか抱えていたであろうストレスからだと思います。前回紹介した大学病院の先生に「自分の健康状態が管理出来ないのに子供を産むことは出来ませんよ。」と言われました。もちろんその通りです。急激な体重変動は妊娠しにくくなります。痩せ過ぎ、太り過ぎは妊娠の妨げになるそうです。主治医から1キロの増減であっても女性ホルモンは変動するので適正体重に近づける努力が必要と言われました。周りからも痩せすぎだと言われましたが、妊活をしている友人は太りすぎを医師に注意され一週間に1キロのペースで痩せろと言われたと言っていたので太るよりはましかと軽視していたんです。私の場合は約1年程で8キロ痩せたので急激な体重変動だと思います。

今の私に足りないもの

images%ef%bc%92
大学病院に通院する中でカウンセリングを勧められた私。タイミング法でのホルモン剤によりホルモンバランスが崩れ、動悸・息切れが続き仕事も休みがちになりました。日課になりつつあった早朝のウォーキングも出来なくなり、最終的に生理が止まってしまったんです。その事を主治医に伝えると「最終的には体外受精を勧める事になると思う」と伝えられました。そして私の体重からも分かるように私のメンタル面が鍵ではないだろうかとの事。普段は楽観的で典型的なO型だよねと言われるぐらい悩み事を作らない私だったのですが、今の自分は自分でないように感じていました。感情の起伏が激しい日もあり主人以外の人にも話を聞いてもらいたいと思ったのでカウンセリングを受けてみる事にしました。紹介された病院は事前に読んだ本でも紹介されており評判が良かったので、カウンセリングを予約しました。不妊治療の心理カウンセリングははっきり言えば無駄な時間かもしれません。私の現段階では病院での人工的処置の方が確実なのですから。ですが心の闇はいつまでもとれないと思い決心したんです。

妊活で思う事、カウンセリングで得た事

images%ef%bc%93
綺麗事ではどうにもならない事があります。努力をすれば報われると言いますがどうにもならない事だってあります。頑張れという言葉が軽く聞こえ嫌いになった時期もあります。人の言葉が信じられなくなる辛さや、自分のメンタルさえコントロール出来ない喪失感も。仲が良かった主人とさえわだかまりが出来、会話が少なくなっていました。正直治療に行き詰まっているなと感じこれからどう進めていったらいいのか、治療と平行してカウンセリングを受ける事にしたんです。私はカウンセリングで全てさらけ出しました。不妊治療を始めてから気持ちがふさぎこみになり逆効果になっているのではないか、妊娠への不安や焦り、妊娠出来ない場合のゴールはどこに?などなど。私が一番聞いて欲しい内容を淡々と話しました。するとここ最近で1番気持ちが楽になった気がしたんです。「次回は旦那様ともカウンセリングに来てください」と呼びかけていただき、主人も一緒にカウンセリングを受ける事が出来たんです。カウンセリングの帰りには主人と食事をし、不妊治療以外の話も出来ました。すごく久しぶりの事でカウンセリングの意味を感じたんです。その他にもグループカウンセリングがあり友人とも参加しました。グループカウンセリングは同じ悩みを持った女性しかいないので心強く感じました。月に1度ですので私の場合仕事で参加出来ない場合はすごく残念でした。グループカウンセリングをもっともっと増やして欲しいです。私の場合初回は個別カウンセリングでしたので6千円、夫婦カウンセリングで8千円でした。グループカウンセリングだと4千円なので参加しやすいかと思います。これを高いか、安いかは個々の感じ方だと思います。

不妊治療とは実際体験した人でないと解かり合うのは難しいと思います。
私は共感出来る人を求めていました。孤独を感じ悩む自分に元気をくれるのは家族だけと思っていたんです。しかし、そうとは限りませんでした。家族以外でも同じ悩みを抱え励まし合い支える力となる場合があるんです。人の力って本当に凄いなと感じました。

Written by もーか
兵庫県出身の31歳主婦。飲食店で正社員として勤務しながら周りの方に支えられて妊活中です!

▼過去記事
  31歳飲食店主婦:焦らずに自分のペースで妊活を!
  http://famit.jp/archives/2569

  30代で妊娠する為の第一歩
 http://famit.jp/archives/2770

<<<ファミワン新サービスのご案内>>>
------------
正しく妊活できていますか?

なにをしたらいいか分からない...
最近夫婦仲がギクシャクしてきた...

そんなあなたのためのサービスです!

LINEで質問に答えていくだけで
あなたに必要なアドバイスが届きます。

男性・女性どちらでもご利用できます。

友達追加でサービス開始
友だち追加

■モニター参加に関する条件
・モニター中、ヒアリングのためにアンケートなどに回答いただけること
・テスト版と理解していただけていること
※料金はかかりません。
-----------