骨盤を整えて心身ポジティブな妊活・妊娠を目指す!・ピルビスワーク協会

一般社団法人 日本ピルビスワーク協会の立花みどりさん
今回は、日本で最初に「ピルビスワーク(骨盤呼吸体操)」のメソッドを開発された立花みどりさんにお話をお伺いしました。この協会は「国民の健康と福祉増進に貢献します」という理念を掲げられています。「ピルビスワーク」を行うことで、骨盤内の臓器に酸素が送られ、背骨の柔軟性の向上、自律神経のバランス改善などの効果が期待されています。ご自身の妊娠・出産のご経験から導かれるように辿り着いた骨盤の世界とは一体どんな世界だったのでしょうか?

娘さんの出産で気がついた「骨盤」の重要性

0905_01

__とっても明るくてエネルギッシュな立花さんですが、まず今のお仕事を始めるキッカケを教えてください。

私、もともと「踊り手」になりたかったんです。それまで何もやってきていないのにですよ(笑)。19歳の時に、「私ならきっとすぐ踊れるようになるはず!」と、今思えば世間知らずな行動だったんですが、ダンススクールに通い、様々なダンスを学びました。

でもすぐに「あ、私がプロになるのは無理だ」というのを悟りました。もうプロになる方と私の骨格が全然違うんです。小さい頃からダンスをしている人にはやはりかないませんでした。
けれども私と同じように「踊りたい!」という人の力になったり、身体が硬くて悩んでいる人の助けができるのでは? と、地元の茅ヶ崎でエアロビ教室を開いたんです。当時は「エアロビ」という言葉すらない時代でしたから、日本で最初…と言ってもいいかもしれません。その後、結婚をして講師を続けながら27歳の時に、娘を出産しました。

__お仕事をしながらの出産は大変じゃなかったですか?

踊りをやっていたこともあり、すごく腰まわりが小さかったんです。妊娠がわかった時、お医者さんから「この腰の小ささでは自然分娩は難しいから帝王切開ですね」と言われていたんですから。でも、実際に妊娠7ヶ月目くらいから身体が変化し始めて、なんと20キロも太ってしまい、サイコロのような身体になっていました(笑)。無事に自然分娩で、2680グラムの娘を産みました。
また、産後についてもお医者さんに驚かれるくらい回復が早かったです。 常に日頃から鍛えていたおかげですかね。出血も非常に少なく、子宮の戻りも早かったです。もう大丈夫だろうと思い2週間後には仕事を再開したんですが、さすがにお医者さんには早すぎると怒られちゃいました♪

__わお(笑) 17キロくらいはご自身の体重で増えていたということですか!?

そうなんです。その時に気がついたのが「骨盤の形は変わる」ということ。骨盤の形が変わると、それを支えるために足が太くなって、お腹周りにも太って…と体の様々な場所に影響することを体感したんです。
そこから、健康的で美しいプロポーションを保つためには「骨」が大切なのだということを実感し、今でも研究し続けている人生のテーマになっています。

骨盤を動かすと「顔」が変化する

下は骨盤、上は首の根元の「後頭骨」

下は骨盤、上は首の根元の「後頭骨」

__実際に骨盤って動かせるんですか?

もちろんです! 私のレッスンを受けていただく方も驚かれていますが、骨盤を正しく動かす事で顔立ちに大きな変化が起こります。

__顔ですか?

はい。骨盤はどの骨とつながっているかわかりますか? 仙骨からせき柱、そして頚椎の先の後頭骨へとつながっています。つまり、骨盤を動かすと頭蓋骨に影響するのです。

それだけでなく、脳の一番奥に位置する脳幹には、呼吸・血圧・体温・ホルモンの分泌などの生命維持に関係します。脳幹周辺の血行が良くなると、大脳の働きが良くなるため、気持ちも明るくなって、続けていくと前向きな性格になっていく人も多いんです。

__確かに!! 私、肩こりがひどいので、肩だけをマッサージしたりしていたのですが、それではその場しのぎになっていた…ということだったんですね(反省)。他にはどんな効果があるんですか?

最近の女性は、月経困難な方が多いです。生理が1年来ないとか、30代でも不規則なサイクルだったり、PMSがひどかったり…。
印象的だったのは、ずっと生理が止まっていた方がレッスンを受けていた時に、レッスン中に生理がきちゃったこともあります。あまりに突然のことだったので「どなたかナプキン持っていませんか?」なんてバタバタしてしまいました(笑)
女性にとって、骨盤って本当に大切なんです。骨盤をしっかり動かしてあげるだけで、目に見えて効果が出てくることを私もレッスンを通じて生徒さんたちから教わっています。

__それは驚きですね。不妊治療にも「ピルビスワーク」は効果的なんですか?

2年ほど前から、不妊治療クリニックと連携して、体質改善のレッスンを行っています。最初は「院長先生がやれって言うから…」とネガティブな方も多かったのですが、先ほどもお伝えしたように、骨盤を動かすと気持ちもどんどん前向きになるので、別人のように明るくなった! という方も多いんです。
「不妊治療」と聞くと、どうしてもネガティブにとらえてしまう方が多く、メンタルが弱ってしまう方も多くいらっしゃいます。「心」と「身体」はつながっていますので、私たちの協会では、まずは身体を動かして心にも元気になってもらうアプローチを行っています。

__実際に受けた方からはどんな反響がありましたか?

意欲的・自主的に参加してくださる方は、不思議と「先生、私おめでたで〜」とニコニコとご報告くださいます。また、生理痛がひどかった方も「今月はお薬を飲まずにすみました」なんて声を聞いています。
クリニックの先生方からも、卵子の質が上がった、血流が良くなったなど、実際に体質にも変化があらわれているようです。

騙されたと思ってやってみよう

(左:立花さん、右:娘の恵里奈さん)

(左:立花さん、右:娘の恵里奈さん)

__最後に、これを読んでいる読者の方にメッセージをお願いします。

人間の、自分自身の可能性を信じましょう。人間は、環境適応能力が非常に高く、変化し続けている生き物です。
同じように、骨盤も日々の生活で変化しています。私が妊娠をして20キロ太ったように、ちょっとしたことでも大きく変わってしてしまうのですから(笑)。

__変化しているということをもっと若い時に知っておきたかったです。

そうですね。骨の教育を受けるなんてことは、ほとんどないですからね。ちょっと心配しているのは、今の若い方たちは「生理さえきていれば妊娠できる」と思っている方も多いということです。
ちょっと大袈裟かもしれませんが、このまま世の中がどんどん便利になり合理化が進むと、運動不足になって、自然には妊娠しにくい身体になってしまうと思うのです。身体を動かさなければ、骨が動かなくなり、身体は硬くなり、細胞も不活発になり気持ちもふさぎがちになってしまい、結果的に本来持っている人間の可能性を活かせないまま年齢を重ねてしまう…。女性なら、生理が来なくなる…なんてことも想像できますよね? 気づいた時にはもう遅かった、なんてことにならないような心掛けを大事にして欲しいです。

__体は全てつながっているから、時代や環境にあわせてしっかり動かして柔軟に対応して行かないといけませんね!

そうなんです。だからこそ、「騙されたと思って」意欲的に身体を動かして欲しいんです。理屈じゃなく「変わる!」と信じて楽しんで、ピルビスワークをやってみる…少しでも変化を感じられたなら、その時はすでにあなたの身体と心は変わっていますよ!

今回お話をお伺いさせてただき、「心と身体」「骨盤と頭」「社会と妊娠」などすべてが支え合い、つながっていることに気がつきました。たかが運動、されど運動! 立花さんご自身の経験をもとにされたメソッドが、多くの女性を救っているんだと思うとコツコツと続けていくことの大切さ、自分自身の可能性をもっと信じてあげようとポジティブになれました。お忙しいところたくさんお話をお伺いさせていただき、本当にありがとうございました!(famit編集部:つるた)


barannsuicon
一般社団法人 日本ピルビスワーク協会
身体と心のバランスを整え健全で明るい社会づくりに貢献します。
TEL:03-6869-4152
URL:http://www.japan-pelviswork.jp

<<<告知>>>
「私の今の生活で、妊娠に近づけているのかな?」
famit運営元の株式会社ファミワンの新サービスがスタートしました。
妊娠したい女性をサポートするパッケージサービス「FLIPP」
まずは無料の妊娠力診断を是非お試しください。
banner-famit-ad-for-flipp-mobile