予防が大切!オーラルケアから妊娠サポート・優歯科クリニック「You CARE」岡本暁先生

岡本?You CAREを通して「リケア」というオーラルケアを提供している医療法人社団 三優会理事長の岡本暁先生にインタビューをしてきました!先生は優歯科クリニック沼袋の院長として診察に携わる一方で、中野区の保育園で園医を務めるなど、幅広い世代の口腔環境の改善に関わっておられます。今回は岡本先生に妊活中や妊娠中におけるオーラルケアの必要性、大人のライフスタイルが子供の口腔に与える影響などについてお話を聞いてきました。

妊娠で口腔環境は変化する!妊娠時における「リケア」のすすめ

01

____岡本先生、今回はよろしくお願いします。早速ですが、妊活とオーラルケアの関係についてお話しをしていただいてよろしいでしょうか?

よろしくお願いします。ここ中野区では30年程前から「妊婦歯科検診」というものを実施しています。私自身もその検診に関わっている中でたくさんの妊婦さんの口腔内を見てきました。

__30年前から!地域に密着した診療をされているのですね。

 はい。私が歯科医師になりたての頃にこの検診ができました。
診察をしていく中で、妊娠期の方の口腔状態に様々な変化を感じるようになりました。中には妊娠前の口腔環境を知っている患者さんもいまして、そういう場合には得に異変に気がつきやすかったのです。

具体的な例を挙げると、妊娠してから「これまで何ともなかった歯肉が急に腫れ出した」、「虫歯が急に多くなった」などです。

__なるほど〜、妊娠期に急に症状が出る口腔の変化に対して何か対策はないのでしょうか?

 対策として私たちがおすすめしたいのは「リケア」という口腔環境をいつも清潔に保ち、虫歯や歯肉炎等を予防するというオーラルケアの考え方です。

1ヶ月に1回のように定期的にリケアを受けることが重要です!正直口の中は自分だと見えにくいので、医師や歯科衛生士に定期的にチェックしてもらうことで妊娠期における口腔環境の変化に気がつきやすくなります。

妊娠期にだけスポット的にリケアを行うよりも、妊活の頃から意識をすることが大切です。妊活を行っている頃から長期的にリケアを行う方が口腔環境の改善につながります。

歯周病と早産には関係が!妊娠前に知っていてほしい早産のリスク

02

__妊娠時期に気をつけてもらいたい、「口腔環境の問題」は他にもありますか?

 特に気をつけてもらいたいのは「歯周病」です。最近の研究では歯周病が早産のリスク要因となることが報告されています。症状が軽度の歯周病の場合には、治療によって簡単に改善ができるので、女性は早めに是非チェックをしておいてほしいですね。

歯周病はなかなか完治が難しいものなのですが、寛解(かんかい)という症状が発症しないように抑えることは可能です。重症化すると全身に影響を及ぼす可能性があります。

__そうなんですね・・・なぜ歯周病が早産に関わるのでしょうか?
そこのところ詳しく教えていただきたいです!

 歯周病は歯周組織という場所に炎症を起こし、その炎症によってサイトカインが多量に分泌されます。なんとこの物質は子宮の収縮を引き起こす「プロスタグランジン」の分泌を促すのです。
その結果、子宮の収縮が促されやすくなることで陣痛も起こりやすくなり、早産が引き起こされるのではないかと考えられています。

__なるほど、ちなみに歯周病にかかっている人は意外と多いのでしょうか?

 歯周病は成人の約8割が感染しており、うち1割が重症であると言われています。そのため自分も感染していると考えていた方がいいです。

あまり知られていませんが、歯周病菌は生まれたばかりの赤ちゃんの口腔内には存在しません。唾液を介した「経口感染」で歯周病菌が感染していきます。

__では、皆で食事をする場で料理を取り合った時なんかも感染リスクがあるということでしょうか?

 そう、おっしゃる通りです。そのような場合でも感染する可能性は十分に考えられます。ですがまめに「リケア」さえしていればそこまで神経質にならなくても大丈夫ですよ!

そのため妊活を行っている時からリケアを習慣化することで、こういったトラブルを未然に防ぐことが可能となるのです。

対話を通して患者さんに持ってほしい「ビジョン」とは?

03

__「リケア」習慣、大事なのですね!「リケア」はどのようなきっかけで生まれたのでしょうか?

 私たちが最初に「リケア」という概念を作ったのは平成15年のことです。従来の歯科は「痛いところを治療して終わり」という治療方法に疑問を持ったのがきっかけですね。

それまでは患者さんの症状を治療するという考え方でしたが、それは根本的な原因に対するアプローチではありませんでした。

原因を絶つには患者さんの「ライフスタイルに予防を組み込む」必要があるのではないかと考え、オーラルケアを取り込んだリケアの概念を作り「You CARE」を自身が運営する複数のクリニックでスタートさせたのです。

__「You CARE」という新しい試みをスタートさせるのは大変ではありませんでしたか?

 予防という考え方を患者さんに受け入れてもらうのに、最初は時間がかかりました。みなさんにとっては殆ど馴染みがないことですからね(笑)

私たち医師やスタッフ一緒になって、治療のみではなく対話を増やすことを心がけたのです。それによりちょっとした雑談がカウンセリングにつながり、患者さんに予防方法を提案することができるようになりました!

クリニックに送られてくる患者さんからのコメントには「予防の大切さを痛感しました」、「歯や口の中に対する知識が増えました」、「家に戻ってから歯のケアが行いやすくなりました」など予防に対する関心の高さを表す言葉が多く、スタッフ一同嬉しい限りです。

__患者さんと対話をする時になにか心がけていることがありましたら教えてもらえませんか?

 予防や治療をしていく中で、治療を通してどこに向かっているのかという「ビジョン」を持ってもらえるように話していきました。あくまでも治すことは通過点であって、その先にある健康づくりやQOLの向上を意識してもらえるよう心がけていきました。

まずは歯科衛生士さんに相談!ライフスタイルにもアドバイスを

__最後に、これから妊活をはじめるカップルにメッセージをお願いできますか?

 オーラルケアというのは一見関係ないように見えて、「健康作り」のきっかけになります。是非とも「予防歯科の実践」も行っていただきたいです。

正直自分でオーラルケアを中心に行っているクリニックを見つけるのは大変かもしれません。そういう時には歯科衛生士さんによるアドバイスや指導を取り入れているクリニックかどうか、事前に問い合わせてみることをおすすめします。

ライフスタイルによって口腔環境は大きく変化します。それは個人ではなく、家族間でも言えるのです。そのため、お子さんがいらっしゃる方は「親のライフスタイルが子供の口腔環境に影響を与える」可能性があることを忘れないで下さい。

最後に、予防医学はその必要性に自身で気がつき、ケアを継続できるかどうかが大切となってきます。ぜひ皆さんには「なぜ自分には必要なのか」と考えていただき、継続したオーラルケアを実践して行ってください!

__岡本先生、ありがとうございました!

今回は「なぜ妊活にオーラルケアが必要なのか」、予防を継続していく上で「ビジョン」が大切なこと、自分のライフスタイルが家族の口腔環境にまで影響を与えることなど色々お話を聞くことができました。

どうしても妊活、妊娠出産となると産婦人科や内科の方に目が向きやすいですが、歯科の領域からライフスタイルを考えるというのはなるほどなと納得させられました。この機会に一度自分の口腔環境にも目を向けてみてはいかがでしょうか?
(famit編集部:おすぎ)

クリニックjpg

優歯科クリニック
  • http://www.3uk.jp
  • 「Your CARE」を始め、治療から予防まで幅広いオーラルケアに重点をおいたクリニックです。西武新宿線を中心に、都内4カ所にクリニックを開設しています。

 <<<告知>>>
「私の今の生活で、妊娠に近づけているのかな?」
famit運営元の株式会社ファミワンの新サービスがスタートしました。
妊娠したい女性をサポートするパッケージサービス「FLIPP」
まずは無料の妊娠力診断を是非お試しください。
banner-famit-ad-for-flipp-mobile